若玄米は、

成熟する前に刈り取った若い玄米のことで

栄養や食物繊維が豊富と人気を集めています。

 

若玄米ってそういえば

どこで売ってるんだろう・・・

 

そんな方向けに、

この記事では若玄米について、

市販、通販の両方の販売店はもちろん、

口コミも紹介していきます!

若玄米の市販の販売店はどこ?

初めに若玄米

市販ではどこで売ってるかを確認していきます!

 

販売店は以下の通りです。

 

若玄米はどこで売ってる?

基本的にスーパーなどでの店頭販売はされていません

 

基本的にスーパーなどで市販での販売はありません。

ただし、一部資格を持った方が個人的に販売している場合や

食ライフデザイン株式会社の

マイ穀オンラインストアで取扱いがあるとのことです。

 

ただ、実際購入するのは難しいと思うので、

通販で買うのがおすすめです。

 

買い逃しが無いためにも

通販での販売状況も確認していきますね!

若玄米の通販での販売状況は?

若玄米の通販での

販売状況を見ていきます。

 

楽天

楽天では

680円~10,800円ほどで販売されています。

 

最安値のショップは

ヒダカラ商店で680円となっています。

 

楽天ポイントを貯めている方は

こちらも選択肢の一つですね!

アマゾン

アマゾンでは、

1,026円~11,770円ほどで販売。

 

こちらでは最安値が

Amazon.co.jpで1,026円となっています。

 

yahooショッピング

最後にyahooショッピング。

 

2,160円~11,380円ほどで販売されていて、

一番低価格なのは

ほんだ農場ヤフー店の2,160円です。

 

公式サイト

公式サイトは、【1000円】で販売されています。

 

上記のように

若玄米にはさまざまな販売店で売っています。

 

ただ、転売品を避けるためにも

個人的には

・公式サイト

・各通販が出しているショップ

で購入するのをおすすめします!

若玄米の口コミや声を確認!

若玄米を、

実際に使っている人の

口コミや声を確認しておきましょう!

 

パックご飯なら

手間いらずで手軽に食べられますね。

 

体内のリセットに取り入れるかたも

いらっしゃるようです。

 

チャーハンにアレンジ、

飽きずに美味しく食べられますね。

若玄米について改めて確認!

若玄米は、

成熟する前に刈り取った若い玄米のことで、

ビタミン・ミネラルなどの栄養素や

食物繊維が豊富ということから、

健康への意識の高い方たちを中心に人気を集めています。

 

見た目が緑色っぽいので、

青米とも呼ばれています。

 

これは、若玄米が

成熟して白くなりきる直前に刈り取られた玄米であり、

葉緑素が残っているため、

このような色になっています。

 

若玄米の特徴のひとつに、

小粒で外皮部分が多いという点があげられます。

 

この外皮にビタミンB1、ビタミンEや食物繊維、

また最近注目されているフィチン酸も含まれています。

 

小粒であることで、

普通の玄米より糠や胚芽を

たくさん摂取することができるという長所もあり、

 

これらはエネルギーたっぷりの

育ち盛りの若い玄米ならではの特徴といえますね!

 

さらに、にがり水で発芽させることで

マグネシウムやGABA

うまみ成分であるアラニンを

大幅に増加させることもできます。

 

玄米には面倒な下処理が

必要というイメージがありますが、

若玄米は炊飯器の白米モードで炊けるという利点があります。

これなら普段の食事にすぐ取り入れられそうですね!

 

若玄米だけで食べることも勿論できますが、

白米など普段食べているお米に混ぜて食べても

気軽に栄養をプラスすることができます。

健康的な食事に一歩近づくことができそうですね。

 

また、玄米というと

硬くて食べにくいというイメージもありますが、

若玄米は玄米よりやわらかく、

とてもやさしいため、

玄米は初めてというかたや

負担が気になるかたも食べやすくなっています。

 

万が一、自分合わなそうな場合は、

若玄米の量を減らす、咀嚼回数を増やすなど、

食べ方を見直してみるのも一案です。

 

栄養豊富で調理も簡単な若玄米、

普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

今回の内容を再確認!

今回は

若玄米について、

どこで売ってるのかを書いてきました。

 

改めて内容を整理します。

若玄米か買える場所

基本的にスーパーなどで市販での販売はなし。

ただし、一部資格を持った方が個人的に販売している場合もある。

マイ穀オンラインストアで取扱いがある。

 

栄養、食物繊維が豊富な若玄米、

調理方法も簡単ですので、

ぜひ普段の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました!

おすすめの記事